アップスからKATIXへ

カワサキ Ninja250R

101,333円

直近3ヶ月(6台) の平均落札価格
※ 走行距離10,000km以下に限る

30,000円 〜 170,000円

過去12ヶ月の落札価格帯

73台

過去12ヶ月取引台数

成約一覧

出品一覧

入札一覧

カワサキ Ninja250Rの買取実績

過去12ヶ月の落札価格帯 30,000円 ~ 170,000円
全ての取引価格帯 30,000円 ~ 1,000,000円
取引台数 158台
平均取引額 110,913円
過去12ヶ月の落札価格帯 30,000円 ~ 170,000円 取引台数 158台
全ての取引価格帯 30,000円 ~ 1,000,000円 平均取引額 110,913円
金額に納得がいかない場合、売却しなくてもOK! 愛車を出品する

売買一覧

SOLD¥113,000

SOLD¥53,000

SOLD¥51,000

SOLD¥77,000

SOLD¥47,000

SOLD¥116,000

SOLD¥40,000

SOLD¥130,000

SOLD¥128,000

SOLD¥52,000

SOLD¥150,000

SOLD¥134,000

SOLD¥84,000

SOLD¥84,000

SOLD¥76,000

バイク情報

排気量 248cc
サイズ全長x幅x高さ 1110 x 2085 x 715mm
燃費 17.0km/L

カワサキ Ninja250R(ニンジャ250R)は、2008年から発売され、近年販売されたバイクの中では大ヒットとなった人気モデルになります。排ガス規制により様々な車両がラインナップから消えた中、新たなスポーツタイプのバイクとして2気筒を採用したことでも有名です。

スポーツタイプのエクステリアを採用したバイクではあるものの、マイルドなエンジン特性・ライディングポジションを採用。しかし、外観などの質感・スタイリングにおいては若者をターゲットとしたスポーティデザインを採用し、乗りやすさとスタイリッシュさを融合させた結果、大ヒットとなりました。

2013年モデルでは大規模なモデルチェンジを行い、同社の上級車種の面影を感じさせる先鋭的デザインへと変貌。デュアルヘッドライトの採用等のデザイン面は好評となり、予約時から注文が殺到する程の人気ぶりとなりました。
2014年モデルではアシスト&スリッパ―クラッチを全車両に採用。強いエンジンブレーキ使用時・発進時の半クラッチの食いつきのアシストを行い、扱いやすさが向上しました。

また、「Ninja250SL」という派生モデルも登場しました。スーパーライト(SL)の名の通り軽量さを追求。単気筒エンジンを採用しつつも、高回転志向のKLXシリーズのエンジンを採用することにより軽快なフィーリングを実現しました。